忍者ブログ
NINJA

ルートはどうであれ、結果としてバランス調整役のセロトニンが増えればいいように思えますが……。

「甘いものを食べてセロトニンが増えても、一時しのぎにすぎません。とった糖分が血糖値を急激に上げ、上がりすぎた血糖値を下げようとインスリンが大量に放出。そこで今度は下がった血糖値を上げようとさまざまなホルモンが働き始め、自律神経も混乱を来します。血糖値は、食事をとった後、ゆっくり上がってゆっくり下がる、緩やかなカーブを保つことが大切なのです。三体牛鞭

では、正しく心に効く食事とは?「ズバリ、食後の血糖値の上昇を緩やかにするメニューです」と栄養カウンセラーの定真理子さん。「神経伝達物質の原料となるたんぱく質はもちろん、合成を助けるビタミンB群や鉄分をしっかりとるのが基本です。

心が穏やかに安定している状態では、興奮系、抑制系、調整系の3種類の神経伝達物質が、それぞれ適量で調和を保っている。それぞれの分泌量は、毎日の食事の内容で大きく左右される。

3つの神経伝達物質のどれかが過剰に分泌されたり、あるいは不足した状態になると、不安やイライラ、恐怖や落ち込み、やる気のなさなど、さまざまな負の感情が顔を出す。男根増長素

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック