忍者ブログ
NINJA
米財務省は12日、催淫カプセル内戦下のシリアで化学兵器を使ったとして、アサド政権の当局者18人と陸海空軍を含む同政権軍の5部門を制裁対象にすると発表した。米国内の資産凍結や米企業との取引停止が科される。化学兵器の使用を理由にしたシリア当局者に対する制裁は初。

 ロシアに融和的な姿勢を示し、狼一号同国が支援するアサド政権との協力に意欲を示すトランプ次期大統領の就任を控え、アサド政権に対する圧力強化をトランプ次期政権に促す狙いがありそうだ。

 国連の専門家パネルは、アサド政権軍が2014年4月と15年3月に塩素ガスを使った攻撃を実行したと報告していた。速勃100

PR


こんな映画があったんだ。
大女優・田中絹代の映画デビューから、溝口健二監督の『西鶴一代女』に出演するまでの半生と恋愛模様を描いていた。
催淫カプセル
ネットで調べたら、1924年から1952年、田中絹代が15歳から43歳までの28年間のことだ。
こんなにも恋愛に激しい人だったとは、今夜初めて知った。
もちろん、映画なのだからすべてが事実ではないだろうが、『楢山節考』で役作りのために前歯を抜いしまったというエピソードが残っているぐらいだから、すべてが創作とも言い切れない。
あっ、思い出した。『楢山節考』で田中絹代が前歯を折ってにやりと笑うシーンはホント凄かった。

いちばんの驚きは、溝口健二と田中絹代は男女の関係にあったと、はっきり言い切っている点だ。
この点を言い切ったのは市川崑がというより、シナリオを書いた新藤兼人のはずだ。
『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』がもう一度見たくなった。
新藤兼人のインタビューに対し田中絹代が何かはぐらかしていたような記憶がある。
それが、彼女と溝口監督との恋愛感情についてだったのかどうかはまったく覚えていないので、確かめたくなった。
狼1号
数年前に、女優の有馬稲子が市川崑と不倫関係にあったと暴露して話題になった。
本作の終盤に出てきた、溝口監督がなかば強引に田中絹代の寝室に入り込むシーンが、かなり意味深に見えてしまった。
こういうのを下衆(げす)の勘ぐりというのだろう。

田中絹代を吉永小百合、デビュー当時の恋人だった清水宏監督に渡辺徹、松竹の城戸四郎に石坂浩二、五所平之助監督を中井貴一、
上原謙と高田浩吉に若き日の彼ら自身を演じさせるという遊び心が愉快だ。

そして溝口健二監督を演じたのは菅原文太だった。
ときどき菅原文太の顔が溝口健二そっくり(といっても、写真でしか見たことがないが)になる瞬間があって驚く。
ところが、吉永小百合が最後まで吉永小百合だったのには、別な意味で驚いてしまう。
催淫剤

朝の出社で電車を待っていると

俺のとなりにちっこいJKがいた
中国精力剤
電車待ちの列になるんでいただけだ

JK相手にスカウター起動するのはな、、、

とスペック計測を止める俺

電車がきて

俺は乗車した

となりにいたJKもついてくる形で乗車した

なんだかプレッシャーを感じながらも

お互いに向き合うように座った







ゴリラ♀JKが座っていた

ん?

時空間忍術でとばされてきたのかな?

なんて冷静に考えてみた

最近のJKは肉体変化を容易にこなせるスペシャルなんだなと

俺は世の中においてけぼりにされた気分



ゴリラ♀JKが座ったあとでとなりにいたJKが俺のとなりに座った

なるほど

ゴリラ♀JKに横入りされたんだな

自分がされると文句をつける

ジャイアン資質

いやジャイアンも映画ではいいヤツだからジャイアンに悪いことしたなと自己嫌悪

明日は

何事もなく出社できたらいいな

壮根精華素

仕事から帰って、朝呑みして良い心もちでウトウトと。
狼一号
午後2時、見積を依頼してた畳屋さんがやって来た。
広告では、一畳2,700円からとなっていたが、やっぱりサンプル見てると、どうしても高額なもの方は惹かれてしまいますな(笑)

単調なのもつまらないので、市松模様の畳表を選びました。

今日は、6畳分の畳と、障子6枚を持って帰りました。

畳を剥がした跡、凄いホコリf^_^;

そうじき掛けたけど、それだけでは納得できず、雑巾を掛けました。

折角の酔いも覚めてしまい、再度飲み直ししました。

また、月曜日に残りの畳と取り外しに来ます。

ウンザリだな、
大掃除嫌いやねんf^_^;

せっかく食べたステーキも、あっという間に消化されてしまいました
三体牛鞭

明日から、毎度おなじみの函館の映画祭ですからね。
催情薬
予定通りで、なかなか予定通りにいかないのは私もご同輩。初日のオープニングパーティで何か演奏するんだけど、今年は今夜のリハーサル次第で^ ^? というゆるい感じ。
大門の赤帽子屋の幹男さんのところへ行って、うぐいす色の縁のマッドハッターハットを一丁誂えて、かぶった瞬間にちょっと幸せな気持ちになる。それが夜8時くらい。その後函館山の中腹の函館港のすぐうえの、太田誠一さんのやまじょうへ行ったら夜9時過ぎ。もちろんディランの今回の受賞うんぬんの話題。「明日は例の授賞式だね」と、「もちろん映画祭の授賞式じゃなくて、ディランのノーベル賞のやつね」と。流石のディランも今回はレトリシャンじゃなかったね。サウンドオブサイレンスが一番かっこ良かったかもしれないのに、と。
狼一号
これから夜11時から明日のリハーサルやるんだけど、よりによって今回は、リハにメンバーが揃わないかもしれない。明日はカジュアルにやるかあ。
なのに、みんな揃うの夜11時から。もう次の日になるよ。
などと船橋くんらと話していると、あの亡くなった森田芳光さんが映画祭でコンサートやるときに毎回、ジャズ好きの森田さんなんだけど、「あがたさんのは聴きたいんだよね」って、何が照れくさいのか、毎回隅っこの方から来て、後ろの方からこっそり聴いてたよ。って太田誠一。なんかその言葉聞いて、明日森田芳光が聴きに来るわけじゃないけどさ、このマッドハッターハットをかぶってさ、明日も楽しくやろうという気になってくるんだよな。
それも函館、いつたい全体函館。
うぬぼれているかな?おれ。それとも気がないのかな。おれ。
そんな函館の夜更け深堀町サウダージスタジオです。
威哥王