忍者ブログ
NINJA
記者会見に電話で参加した福島県内の母親は「漫画全体を読み、福島への愛情を感じた。子どもに鼻血が出ても、話を聞く前から因果関係を否定するような人たちに私たちは本当のことは言わない。国の責任で鼻血を含めた健康調査をしてほしい」と訴えた。

崎山比早子・元国会事故調査委員会委員は「汚染地域は広範にあり、健康障害への懸念は鼻血どころでない。正確な情報を」と説いた。主催の市民団体代表は「鼻血の表現ばかりに焦点を当てて攻撃し、健康障害を訴える声を抑えつけている」と非難した。鼻血論争についての疫学的な発表はないのが現在。自民党の依頼による該当医師会の談話?の新聞記事に信憑性はなく、速報性はある。避難された方々からの鼻血報告も、疫学的な調査ではない。

ただ心理的な津波原発核汚染避難による心身の変調の事例報告だと思います。論争の要点は鼻血ではない。核汚染と住民政策と、裏付けとなるかならないかまだ仮説の多い核医療。低濃度核汚染食品は、国の基準以下ですから安全です、と言って世界中に輸出する時代がくるでしょうか?それとも闇にまぎれて消費されていくでしょうか?低濃度核汚染の先には、こんな課題もでてくるでしょう。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック