忍者ブログ
NINJA
先月末、一層のサービス向上を目的に「検閲基準見直し」告知があった。
狼王戦宝
公序良俗に反する内容チェックの厳格化を実施するとのこと。

改めて、この1年の告知内容を読み返し、確認してみた。

昨年末、投稿削除基準の更なる強化、年明けには、大人のカテゴリ削除を健全化強化目的で実施している。

この一連の流れは、昨年末のハピメ運営会社逮捕(売◯防止法のほうじょ)に起因するのであろう。

メールや掲示板への募集書き込みを削除しなかったことが、逮捕に至った最大の要因と言われている。
催淫カプセル
類似するサイトでも、監視員を増やし、健全化対策を図ってきたのだろうし、納得できる。

それでは、先月末の検閲基準見直しは、どんな背景があったのだろうか?

最近、日記を削除されたという日記やコメントをよく目にする。

明らかに、昨年末とは、異なる理由で監視強化しているのではないか?

そもそも、公序良俗とは曖昧なものだし、削除するか否の判断は、悩ましいのではないか?

ましてや、今回の基準見直し目的は、サービス向上と明記している。

私の意見だが、曖昧な基準で日記等を削除するだけだとサービス向上とは言えないであろう。

目的を遂行するには、明確で分かりやすい案内をして欲しいと願う。

使いやすいサイトになれば、と期待している。
狼一号
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック