忍者ブログ
NINJA
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、日本はクロマグロやサケ?マスなどにかかっている水産物の輸入関税の大部分について、撤廃する方針を固めた。参加12カ国には米国や豪州など漁業大国が多く、撤廃に応じる必要があると判断した。関税がなくなれば、国内の店頭価格も安くなる可能性がある。

関税を撤廃するのは、水産物のうち関税をなくしたことがない91品目の大部分。缶詰など加工品では、引き下げを検討している。
RU486
日本は、メキシコや豪州などから、捕まえた幼魚をいけすで大きく育てたクロマグロ(関税率3?5%)を、チリなどからはお弁当や刺し身にもなるサケ(同3?5%)の切り身を輸入している。回転ずし店など格安の飲食店やスーパーの「お徳用パック」などに使われることが多い。

ただ、水産物の関税率は10%以下が多く、関税がなくなっても店頭価格が必ず下がるとは限らない。「漁船の燃料代上昇や、為替の影響があれば相殺される」(水産庁幹部)からだ。輸入水産物が値下がりすれば、国内の漁業は打撃を受ける可能性もある。中絶薬
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック