忍者ブログ
NINJA
ガンホー・オンライン・エンターテイメントやミクシィなどが加盟している日本オンラインゲーム協会(JOGA)は3月25日、ガチャを利用したアイテム販売に関する新しいガイドラインを発表した。加盟企業に向け、レアアイテムの取得に掛かる推定金額の上限や、提供割合(出現率)の表示といった基準を定めている。4月1日に施行する。
催情薬
 新ガイドラインは、有料ガチャでレアアイテムを提供する際の基準を4つ策定。以下のいずれかを順守することを求めている。

1. レアアイテムの取得に必要だと推定される金額の上限を「1回当たりの課金額の100倍以内」とし、それを超える場合はページ内に推定金額を表示する。
2. 同金額の上限を「5万円以内」とし、超える場合はページ内に推定金額を表示する。
3. レアアイテム出現率の上限と下限を表示する。
4. アイテムごとの出現率を表示する。
狼1号
 キャンペーン企画などで出現率を変える場合は、その条件や度合いを事前にユーザーに表示するよう定めた。

 ガイドラインの順守に向け、各企業に有料ガチャの運用責任者を置く。有料ガチャを提供する前にアイテム出現率を承認し、承認結果通りにサービスが運用されていることを確認するよう求め、確認結果を記録として残すことも定めている。

 また、同協会は、モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)とガイドラインに関する説明会を4月15日に開催。Cygamesをはじめ、MCFに所属するオンラインゲーム会社に対しても、関連法規の順守を求める。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック