忍者ブログ
NINJA
日銀がやっと重い腰を上げた様だな。30兆円の金融緩和に向けて動き出すそうな。問題はどこの部分を金融緩和するかだ。大企業やマネーゲーム屋に対して金融緩和しても問題の解決はしない。中小零細企業や住宅ローン向けに金融緩和すれば、円高交易利得と相まって内需の底上げになる。

繰り返し言うが、現在の日本のデフレの原因はマネーサプライの減少、つまり現金の量が少ないからデフレになっているのであって、ある程度現金を流せば経済の活性化になるのだ。ただ、こういうものは、ちびちびやるのではなくて、一気にどかん!とやならければ効果は薄れる。

う○こを流すときにちびちび流しても流れない。同じ量の水なら一気に流さないと物は動かないのだ。まだまだ実体経済は悪いんだが、確実に回復の芽も出てきている。その証拠に住宅ローンの審査が多少緩くなってきているのだ。金融機関とて、誰かに金を貸さなくては儲からない。
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック