忍者ブログ
NINJA
人には様々な欲求があり、その表現や態様は実に複雑かつ多種多様です

欲望というものは、自らで実現するもの、メディアなどで代替するもの、他人の経験が伝聞するもの、それらのものなどで充足を見出すものなのかもしれません

ここのサイトを見ていても、日記やつぶやきでいろんな欲望が渦巻いているのがみてとれます

人間は欲望の奴隷なのかもしれません

だいたい、メシ食って寝りゃいいのかっていったら、人生そんなことだけで済むものでもありませんよね
米国金根
巨根カプセル
そんな、人が抱える欲望を満たすために、人は工夫をし、行動し、何がしかの成果を得られたときに満足をえて、欲望の充足を感じるのだと思います

そんな様々な欲求の中で、たまにサイトでお見かけするのが、肉便器が欲しい、肉便器になりたい、というものです

人のエロい欲のなかでもけっこうエクストリームな欲求と言うか、表現ではないかと思います

便器と言うのはそもそも、人が排泄物を処理するための設備であり、衛生器具でもあるものです

それを人体ないし人格に投射させる人の欲求って何なのでしょうか

主に男性目線というか、男性発信のワードであるかと思います

男性の射精をある種の生理的な排泄行為とみたて、その生理的な欲求にしたがって排泄する先を女性の肉体に定める、そのような心理やシチュエーションが想定されます

いわば、出るものは出るのだから仕方なくセックスして射精するために、女性をそのための道具というか器具としてモノ扱いする、そんなようなマインドセットがあるのかな、などと推察します

はたして、そのようなセックスに快楽はあるのでしょうか

男性は射精という快楽があるから射精するのだと言う言説に立地すると、相手がどうとか関係がどうとか、そういうのはお構いなしに射精することが大事だと言う見立てもあるかもしれません

女性で肉便器願望がある人は、気持ちとか関係とかに関わらず、男性の欲望の対象として精子を受け入れる、めちゃくちゃな扱いをされる、自身を汚されるということに興奮を覚える心理があるかもしれません

それはまあ、そういう人がいるのは別に全然かまいません

人様の趣味にケチをつけるような野暮な真似はしたくはないのですけど、あえて言えば、僕にはまったく共感できない思想ではあります

元をたどれば生殖行為であるセックスを、文化的な行為として豊かなものにしてきたのは人間の叡智であり欲望です

人の欲望はそれぞれの個人に帰属するものであり、他人にとやかく言われる筋合いはありません

なので、僕は僕の欲望に従いセックスをします

僕は、女性をモノ扱いするような気はさらさらありませんし、子供をもうける気がないのであれば射精なんかしなくたってセックスは十分気持ちいいし楽しいではないか、そんなふうに考える人間です

その根底には、セックスは男女間で行う最高のコミュニケーションであるという観念があります

器物とはコミュニケーションはとれませんし、とれたとしてお互いを一人の人間と尊重しあわない間柄に気持ちいいセックスは生まれない、そう思っています

ていうか、便器扱いってことは精子は汚物だって認識なのだとするがもうイヤです

精子は人体が生成する分泌物であって汚いものでもなんでもない生理的な液体です

生殖という観点をのぞけば、ちんちんが気持ちよくなれば自然と射出される無害な体液です

それを汚物扱いし、あたかも処理すると言うような射精に喜びはまったく見出せません

出したらそれまでといえばそうなのですけど、そこに至るには複雑な肉体的・心理的な揺れ動きがあり、だからこそ満足を覚えるのだと思いたいです

女性の側からみた精子ってどういうものなのかは分かりません

子種なのか、液体なのか、汚らわしいものなのか、それも人それぞれなのでしょう

ただ、それを受け入れると言うことには、相当の覚悟が要るはずですし、いやなものはいやといわれても仕方のないものでもあると思います

プレイとしては、顔射、ごっくん、ぶっかけ、中出し、いろいろあります

それもこれも、女性が相手の男性を受け入れようと言う意思に基づいたものであって欲しい、そう思わずにはいられません

あらためて人の趣味はそれぞれで他人が口出しすべきことではないとお断りをしつつ、僕には相容れないものも世の中にはあると言うことを忘れずに生きて行きたいと思う次第です



昨日の今日でこんな日記を書くわけですから、なかなか信用おけない人物と思われても仕方ないですね

僕って
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック